不動産投資をする前に知っておくべきリスクと対策とは?

不動産業はハードルの低いサイドビジネス

不動産投資の利点のひとつに金融機関から融資が受けられるというものがあります。
大きな資金を持たないサラリーマンであっても資金を借りることで、数千万あるいは億という単位の投資が可能になるのです。
これが株やその他の投資ではできない不動産投資特有の大きなメリットということができます。

また不動産投資は、本来的に不動産賃貸業という事業で、投資とはいえただお金を運用するだけの投資とは異なっています。
不動産賃貸業は、その運営のほとんどの業務をアウトソースすることが可能であることから、投資以外の専業を持ち多忙である人や経験の少ない主婦であっても本業のかたわらで、片手間でできる副収入を得るために取り組むことができるサイドビジネスということができます。

投資家自身が運営に介入できる不動産投資

不動産投資は、投資家自身が運営に介入できるという点で株投資などと大きく異なります。
株投資では一個人が相場をコントロールすることはできませんが、不動産投資ではもし家賃収入が下落した場合には、投資家自身が努力することで空室を埋め、収入を回復させることができますし、経年により家賃が下がっているのであれば、修繕などをして物件の価値を高めることにより家賃の下落を止めることもできます。

節税にもなるのが不動産投資の利点といえます。
また不動産投資では、株や為替のように急激な値動きがないことがメリットとなります。
不動産でもマーケットの状況により価格は変化しますが、これは数年単位に及ぶものですから、株などのように日々乱高下するものではありません。
相場に対しそれほど神経質になる必要が無いということができます。
不動産投資は生活に必須である住む環境を提供することですから、大きなまた急な値動きはしないのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る