不動産投資のメリットは何か?

多額の負債を抱えることもある不動産投資

不動産投資をする人の多くは、金融機関から不動産購入資金の融資を受けています。
これは負債であり借金であるということができます。
一般的には借金といえば無いに越したことはないと考えますが、問題は実は借金そのものではなく、借金の「種類」が問題なのです。
不動産投資の「借金」は、その不動産が生み出す家賃収入の中から負債を返済をしていくというものです。
そのように考えると借金は大きなデメリットではないといえるのです。
また不動産投資は手がかかる投資であるともいえます。

不動産投資とは、不動産を提供するものですから設備へのクレームや家賃滞納などのトラブルが起こることもありますもし自主管理という形で、管理会社に外注せずに自らが管理を行うのであれば、それなりの労力が必要となります。
しかし、もちろん管理会社などに運営を委託することもできますし、家賃滞納に関しては家賃保証会社と契約を結ぶこともできます。

最大のリスクは空室リスクと老朽化

不動産投資においての最大のデメリットは「空室リスクです。入居者がいない空室を抱えると家賃収入がないということになります。
不動産投資はアパートやマンションの賃貸ビジネスですから、入居者の入退居は避けることができません。
物件が長い間空室となると、借り入れをしたローンの返済ができなくなり、そのために破産することにもなりかねません。

また老朽化による修繕リスクも重要です。
不動産投資は長期間にわたってインカムゲインを得ていく投資ですが、問題となるのが物件の老朽化です。
不動産である建物は時間と共に老朽化するということを前提として、投資計画を立てておくことが重要です。不動産投資では修繕やメンテナンスを行うことは必須のものとして考えておくことが必要です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る