不動産投資を成功させるために知っておくべきこと

投資にはさまざまなリスクがあることは知られていますが、不動産投資も同様にリスクを伴う投資のひとつです。
しかし、そのリスクを把握しリスクへの対策をしっかりと認識しておくことで安心して投資を行うことができるのも事実です。

まず、物件の立地が重要です。
大都市に限らず、賃貸物件を探す人が賃貸マンションやアパートを借りる際「駅付近」を第一の条件とする場合があります。
不動産投資としてはこのような立地の物件は投資に値するものとして評価することができます。
同時に入居者は管理及び物件のメンテナンスがしっかりとなされているものを選択します。

もちろん劣化した建物は当然避ける傾向にあります。
築年数が高いほど家賃の価格帯は低くなりますが、メンテナンスなどがしっかりしていると価格帯を維持することに役立ちます。
安定した収入を得るためには空室期間の短縮を図る必要もあります。
賃貸物件は入居者が入れ替わる等、空室になる時期があるわけですが、この期間をいかに短くするかが重要です。
そのために大切なのが良心的な不動産会社と組むことです。
昨今では不動産への投資をする人が増えていますが、これらの人の知識不足を利用した悪質な不動産業者も存在していて、契約内容によっては賃貸料が搾取され、収入が想像以上に少なくなるケースもあります。
不動産投資には銀行等からの借り入れはつきものですが、借入割合を抑えてリスクを減らすことも重要です。

好立地・好条件の投資物件を抑え、空室リスクに対応できているとしても、入居者の家賃滞納などの事態により借金返済が滞ってしまうというようなリスクもあります。
そのような借金リスクに対しては、借入割合を40%以下に抑えることでキャッシュフローを安定させることも大切です。
まず不動産投資にはどのようなリスクがあるかを把握し、それぞれへの対応をきちんとすることではじめて不動産投資を成功させることができます。

TOPへ戻る